WELL,I

STAFF STORY

アミュをつくる人の話

2F / DIANA


平野 真梨花さん

2F / DIANA 平野 真梨花さん

アミュプラザ長崎で働くスタッフにインタビューし、思わず会いに行きたくなるようなスタッフの個性を紐解いていきます。

今回は、「DIANA」で店長を務める平野 真梨花さん。端正な顔立ちと女性らしい魅力あふれる彼女に、ファッションへのこだわりや仕事に対する考え、プライベートでお気に入りのもの等を伺いました。

小物が映えるよう、
服は上質でシンプルなものを選ぶ

——今日のファッションのポイントは?
仕事柄、小物が映えるようにコーディネートを考えることが多く、今日もそんな感じです。靴やバッグは柄ものや鮮やかな色が好きで、服は「Theory」等のシンプルで質のいいものが好きです。浜町の「BROWNSUGAR」にもよくお買い物に行きます。
——ヒールを履くことが多いですか?
そうですね。でも「DIANA」から新しく「+diana」というスニーカーのラインが出てからは、スニーカーも履くようになりました。スカートにも合わせやすくて、カジュアルになりすぎないのがいいですね。タイトスカートやロングスカートを履く機会も増えて、コーディネートの幅が広がりました。
——お休みの日は何をしていますか?
インドア派なので、家でゆっくりしたり、YouTubeを見たりしています。最近好きなのはカジサックです。最初は対談ものしか見ていなかったのですが、試しに家族ものを見てみたらハマってしまって。私自身そんなに結婚願望が強い方ではないのですが、すごく泣けるんですよ(笑)。こんなに素直な子が4人もいたら頑張っちゃうよね、なんて思ってしまいますね(笑)。

清潔感を大切にした雰囲気づくり

——コスメ等のこだわりを教えてください。
誰に対しても不快感を与えないような、シンプルさと清潔感を大切にしています。時計もあまり華美なものは選びません。人によって好き嫌いが分かれると思うので、香水もほとんどつけません。つけるとしたら「VICTORIA'S SECRET」のボディスプレーくらいですね。お風呂上がりのような香りのシークレットチャームを使っています。
——お肌もとてもきれいですね。スキンケアのこだわりは?
ありがとうございます。夜は「SK-Ⅱ」のフルラインナップを使っています。うちのお店にいらっしゃるきれいなお客さまが使われていると聞いて、すぐに真似しちゃいました(笑)。あとポテトチップスが大好きで、よく食後にBIG BAGを食べるのですが、肌荒れしてきたなと思ったら少し控えたりします。
——BIG BAG!意外です!体型維持はどうされていますか?
オーガニック等には興味がなくて、どちらかというと体に悪そうなものの方が好きなので、仕事中の食事は少なめにするとか、なるべくストレスを感じないようにバランスを取っています。甘やかす時は甘やかすというのが大切な気がします。
——耳元のアクセサリーはどこのものですか?
「ete」のループイヤリングです。アクセサリーはあまりつけない派なので、ピアスも開けていないんです。これはチャームを替えられるので、いくつかコレクションしています。普通のイヤリングみたいに痛くならないのでお気に入りです。
——バッグの中身はどんな感じですか?
お財布とポーチをちょこちょこ入れているくらいです。化粧品等もあまりたくさんは持ち歩かないので、荷物はいつも少ないですね。バッグは「DIANA」のものです。

距離感を意識した接客を心がける

——仕事をする上でのこだわりを教えてください。
扱っている商品が靴なので、仕事でヒールを履かなきゃいけないとか、扁平足で合うものがないとか、外反母趾があるとか、目的と悩みを持って来られるお客さまが多いのが特徴です。そこにきちんとお応えできる知識も必要なので、靴の接客は独特だと思います。その中で私が大切にしているのはお客さまとの距離感です。初めての方に対してくだけすぎたり、ガツガツいってしまうと警戒心を強めてしまうので、段階を踏んで仲よくなることで信頼を築きたいと思っています。必要な時以外は、お客さまの職業や年齢等、パーソナルなことは自分からは絶対に聞きません。お客さまの方から自然と話したいと思っていただけるような、“聞き出す接客”を心がけています。
——スタッフさんの教育に関してはいかがですか?
私、結構細かいです(笑)。まず、レジ周りと店内は絶対にきれいに。汚いお店にお客さまは来てくれません。そして商品に愛情を持つこと。自分がかわいいと思っていない商品はお客さまにもいいと思ってもらえません。また、スタッフ同士にも気を配る。それができないとお客さまにも気を配れないと思っています。そして一番は、お客さまの役に立つこと。いくら仲よくなってお話が盛り上がっても、お客様が本当にほしいと思うものを提案できなければ、役に立てたとはいえません。どこのお店にお嫁に出しても恥ずかしくないような、娘を育てる感覚でスタッフに接しています。
——最後に、よく行くところで長崎のおすすめはありますか?
お肉のカフェ「meat sukky」です。ランチで利用することが多いのですが、女性一人でも行きやすいですし、お肉屋さんが経営しているだけあっておいしいですよ。

PROFILE

2F / DIANA
平野 真梨花さん

大学卒業後、「DIANA」に入社。福岡での勤務を経て、地元でもある長崎のAMU店へ。店長歴は3年目。お客様への対応、スタッフ教育、ディスプレイ等、プロフェッショナルな姿勢で日々店舗運営を行っている。

INFORMATION

スニーカー
¥13,200[+diana]

スタッズ使いが今季らしいスニーカー。さりげない極小スタッズなのでハードにならず、カジュアルな装いに合わせても女性らしく仕上がる。「+」マークを組み合わせた模様を施したオリジナルの本底は弾力性やグリップ力に優れ、履き心地も抜群。

TOP