WELL,I

STAFF STORY

アミュをつくる人の話

2F / 靴下屋


安田 有咲さん

2F / 靴下屋 安田 有咲さん

アミュプラザ長崎で働くスタッフにインタビューし、思わず会いに行きたくなるようなスタッフの個性を紐解いていきます。

今回は、「靴下屋」で店長を務める安田 有咲さん。気さくな雰囲気とキュートな笑顔が魅力的な彼女に、ファッションのこだわりや休日の過ごし方、お気に入りのアイテム等を伺いました。

その日履きたい靴下から
コーディネートを考える

——今日のファッションのポイントは?
ピンクのパンツをメインにして、白の靴下をポイントに使ったコーディネートにしたかったので、その他はシンプルに黒でまとめました。まずは履きたい靴下を選んで、そこからコーディネートを考えることが多いので、バランスよく靴下が見えるようにパンツの丈感にはこだわります。今日はスニーカーですが、サンダルを合わせるのも好きですね。
——靴下はどのくらい持っていますか?
数えたことはないですが、洋服をたたんで3枚横に並べて入るくらいの引き出しが2個は埋まりますね(笑)。店頭の商品は入れ替わりが早いので、新しいものが出るたびに買っています。柄物よりはシンプルなデザインを選ぶことが多いです。
——ファッションの参考にするものはありますか?
FUDGEやGISELe等の雑誌は毎月チェックします。またAMUの中の「BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS」によく買い物に行くのですが、おしゃれなスタッフさんがいるので着こなしを参考にさせてもらっています。

アクセサリーは断然
シルバー派です

——靴下もですが、アクセサリーづかいも素敵ですね。
ありがとうございます。女性らしいやわらかい雰囲気のものよりは、ちょっとクールだったりモード寄りのものが好きなので、シルバー率が高いです。顔周りはすっきりさせて、手元にボリュームを出すことが多いですね。このイヤリングはシンプルなのに存在感があるのでお気に入りです。
——お休みの日は何をしていますか?
お笑い番組が好きなので、アメトーーク!やネタパレ等を毎週録画しておいて休みの日に一気に観るのが楽しいです。最近好きな芸人は霜降り明星で、私はせいや派です(笑)。あとは意識的に睡眠をとるようにしています。週2日ある休みのうち1日はアクティブに活動して、残り1日は昼まで寝ると決めてメリハリをつけると、心も体もしっかりリフレッシュできるような気がします。
——お気に入りのアイテムを教えてください
「JO MALONE」のオーデコロン、「Aesop」のボディスプレー、「shiro」の練り香水等、もう収集癖と言ってもいいくらい香りを集めるのが好きです。爽やかなものやフルーティーなもの、オーガニックのユニセックスなもの等、その日の気分によって纏う香りを変えるようにしています。仕事の合間にひと吹きすると気分転換にもなりますね。
——バッグの中身はどんな感じですか?
小物は黒が多いです。コンパクトにまとめるのが好きなので、お財布も小さめのものを使っています。

話しやすい雰囲気を自分から作っていく

——「靴下屋」で働くことになったいきさつを教えてください。
ファッション関連の販売職に就きたかったのですが、もともとよく買い物に行っていて高校生くらいの頃から漠然と働いてみたいなと思っていたのと、色んなテイストやブランドの洋服を自由に着たかったので、小物を専門に取り扱うお店がいいなと思ったのもあって「靴下屋」を選びました。靴下のバリエーションが増えて毎日のコーディネートを考えるのが楽しくなりました。入社して4年半になりますが、ここで働く前よりもファッションが好きになりましたね。
——お客様への対応でとくに心がけていることは何ですか?
コミュニケーションを大切にしています。うちのお店は試着ができないので、その分しっかりと会話をすることでお客様の要望を引き出し、似合うものを一緒に考えます。お客様のタイプや反応を見ながら、接客接客しすぎないよう、フランクに話しやすい雰囲気を作ることを心がけていますね。
——スタッフさんへはいかがですか?
スタッフに対しても同じですね。疑問や不満をため込んだりしてほしくないので、常に話しやすい雰囲気を自分から作るようにしています。積極的にプライベートの話をしたり、仕事終わりに飲みに行ったりして、業務に直接関わること以外でも信頼関係を築けたらいいなと思っています。
——最後に、よく行くところで長崎のおすすめはありますか?
思案橋の「大衆酒場 たびたび」や「やいとるけん」、駅前に最近できた「串焼酒場 串松屋」等、居酒屋巡りをよくします。焼き鳥が好きなので串のお店が多いかもしれません。好きなお酒はハイボールです。もう一生飲んでいられます(笑)。

PROFILE

2F / 靴下屋
安田 有咲さん

他店での販売職を経て、高校生の頃から働きたいと思っていた「靴下屋」へ。勤続年数は4年半目で、現在は店長として店舗運営やスタッフ管理にも携わっている。

INFORMATION

ラメソックス
各¥648

パンプスをはじめ、バレエシューズやスニーカ―、サンダルにも相性抜群な薄手のショート丈ソックス。幅広いコーディネートに使えてカラーバリエーションも豊富。ラメ特有のチクチク感も気にならず、オールシーズン活躍する。

TOP